おこのこさず

30代オタクでAセクシャルな女

おこめつぶ隊はひとつひとつが大切な栄養のあつまり

一緒に生きていきたいと言う男性が現れた

彼は令和3年の4月まで婚活サイトで出会い数回デートを重ね、私の自認を理由にお別れをした方でした。

その彼から数ヶ月経過した先日、「それでも一緒に居たい」と半ばプロポーズと同等の事を告げられ、検討した。

 

検討をする上で、彼との通話をする直前私は以下の内容をリスト化した

 

 

 

 

結婚したいと言う男性の登場

 

彼について
  • 7歳年上。婚活サイトで知り合ったが私の自認をキッカケにお別れした
  • 趣味も合うし人なりも良い
  • 問題が起きた時(それが些細な事でも)1秒で5回は「ごめん」を連呼する癖がある
  • 経済的に安定している
  • 性格も近しい面がありストレスは少ない

 

私のカムアウト後、一緒に居たいと思った理由
  • アセクシャルだと言う点も含めて私という人間と一緒に居たい
  • できれば子供が欲しいと思っていたが一緒に居られるなら拘らない
  • 今でもやっぱり恋愛感情で見ているし、ドキドキする
  • パートナーとして一緒に居たい

 

 私のリアクション
  • 嫌悪感は無かった
  • 旧友から「一緒に居たい」と言ってもらえた時のように、普通に嬉しいと思えた
  • アセクシャルについて調べて欲しいとお願いをした

 

 以上の後、数日を経過して本日通話をしました。

まず、アセクシャルについて調べていた彼の感想を聞いたが、私がカムアウトした内容と同じで特にショックは受けなかったと言っていた。

アセクシャルについてある程度知識を得た彼はそれでも「一緒にいたい」と言っていたので、私の考えを正直に飾らず伝えた。

 

 

私が彼に伝えた事
  • 一緒に居たいと言われたときは素直に嬉しかったが、恋愛感情は無いので友人に対して嬉しく感じる感覚
  • 彼はとても勇気を出しただろうが、言われた事について全く実感がわかない。
  • 彼自身を愛しているかと言えば、4ヶ月に10回に満たない数(他県でしたので)会っただけで旧友に抱くような愛情はまだ無い
  • 「結婚」は願望でなく義務感のようなもので、心から望んでは居ないし、あなたに対しても結婚したいとは思わない。恋愛感情が無いので、そもそも結婚というものと遠いところにある。
  • 子供は嫌いではないが欲しいと感じないので、子供が欲しいという貴方の希望に沿えない
  • もちろんドキドキもキュンもしない
  • 体の関係は持ちたくない
  • デートに必要性を感じないので、「デート」と言われると行く気が無くなってしまう。やることは友人と変わらない。彼にとってそれは周りに自慢できることでは無い。
  • もちろん体の関係は持てない(2回目)
  • やり直したい、と言うがやることは友人関係と変わらないのでそもそも「お付き合い」にならない

 

 私に対して恋愛感情を持つと言う彼にとっては、酷なことを話すかもしれない、と前置きをした上で上記のことを率直に伝えた。

 

 

 

対する彼のリアクション

おこめさんが俺に合う

少しでも一緒に居ても良いと思ってくれるなら一緒に居たい

 

 

とてもシンプルで、前向きな言葉でした。
そこで私は再び彼と合うことを決め、来週時間を設けて半日会うことに決まりました。

 

私は週休2日ですが週末休みでは無いので、週末休みの彼と会える日は日曜日だけ。
その貴重な日曜日の朝から車で2時間かけて来てくれることは有難いという反面、申し訳なさもある。こうして時間もお金も使ってくれているのに、私の気持ちがなんら変わらなければどうしよう、と言うような妄想をしてしまって、モヤモヤする部分はある。
この考えは殆どの場合杞憂だと言う事も脳裏に思いつつも、そう考えずにはいられない。

 

けれど不安なのは彼も同じで、自分の事のように悩んでくれている事を忘れてはいけない。

 

 

それでも彼の言ったシンプルな答えに少なからず喜びを感じた。
彼の人となりを知って、もしかしたらシスヘテロの彼と一緒に居られるかもしれないという可能性に少し目を向けてみようと思いました。